ツイステッドワンダーランドの位置をちょっと考えてみた

ツイステッドワンダーランド、非常に独特な世界観ですよね!
そして舞台はどこなんでしょうか?気になりますよね。
たまに耳馴染みのある単語もでてくるので、そこからおおよその舞台だけでも推測できないか考察してみました。

まずプロローグ


馬車で迎えに来てくれるなんて素敵やん。
前方に見える建物はゴシック建築っぽいですね。
そして創立100年。
ゴーストマリッジで出てきたスマホや公共交通機関という単語から、現代と同年代と仮定すると19世紀の建築物でしょうか。

ゴシック建築(ゴシックけんちく、英語:Gothic Architecture)は、12世紀後半から花開いたフランスを発祥とする建築様式。最も初期の建築は、パリ近くのサン=ドニ(聖ドニ)大修道院教会堂(Basilique de Saint-Denis)の一部に現存する。イギリス、北部および中部イタリア、ドイツのライン川流域、ポーランドのバルト海沿岸およびヴィスワ川などの大河川流域にわたる広範囲に伝播した。
「ゴシック」という呼称は、もともと蔑称である。15世紀から16世紀にかけて、アントニオ・フィラレーテやジョルジョ・ヴァザーリらが、ルネサンス前の中世の芸術を粗野で野蛮なものとみなすために「ドイツ風の」あるいは「ゴート風の」と呼んだことに由来する(ゴート族の建築様式というわけではない)。

ルネサンス以降、ゴシック建築は顧みられなくなっていたが(この時期をゴシック・サヴァイヴァルと呼ぶ)、その伝統は生き続け、18世紀になると、主として構造力学的観点から、合理的な構造であるとする再評価が始まった。18世紀から19世紀のゴシック・リヴァイヴァルの際には、ゲーテ、フランソワ=ルネ・ド・シャトーブリアン、フリードリヒ・シュレーゲルらによって、内部空間はヨーロッパの黒い森のイメージに例えられて賞賛され、当時のドイツ、フランス、イギリスでそれぞれが自らの民族的様式とする主張が挙がるなどした。
https://ja.wikipedia.org/wiki/ゴシック建築


ドイツ・フランス・イギリス辺り?
うーんでもこれだけではまだ全然絞り込めません。

そして次に気になったのがコチラ

納豆……!!
ここで引っ掛かったのは日本食を指して極東と言っていること。

ヨーロッパ・アメリカ及び経度から見て、最も東方を指す地政学あるいは国際政治学上の地理区分。
中国の甘粛省や四川省から極東ロシア、朝鮮半島、台湾、日本にかけての地域を指す。
https://ja.wikipedia.org/wiki/極東


西洋のどこかしらで確定でしょうか。

食材に関しては言えばこちらも…


エペルくんネギ好きなんだ!!!!!!
何となく海外にネギは無いかなと思ってました(偏見)
白髪ねぎを作れるタイプのネギってことはエペルくんが食べていたのはリーキでしょうか?

リーキ(Allium ampeloprasum var. porrum、英: leek)は、地中海沿岸原産の野菜であり、Allium ampeloprasumの栽培品種である。リークとも。意訳して西洋ネギ、ニラネギ、西洋ニラネギなどとも。また、フランス語名のポワロー (poireau)、イタリア語名のポッロ (porro) から、ポワロねぎ、ポアロねぎ、ポロねぎとも呼ばれる。
https://ja.wikipedia.org/wiki/リーキ


ざっくり地中海
ゴシック建築があってネギの栽培が盛んな地域・・・フランスかイタリアかニュージーランド?
ちょっとずつ近付いてきたような。

そしてもう一つ耳馴染みのある食べ物がコチラ




まとめていきましょうキノコ類
しいたけが採れる山があるんですね。

シイタケは日本、中国、韓国などで食用に栽培されるほか、東南アジアの高山帯や、ニュージーランドにも分布する。日本においては従来精進料理に欠かせないものであり、食卓に上る機会も多く、また旨み成分がダシともなるため、数あるキノコの中でも知名度、人気ともに高いもののひとつである。英語でもそのままshiitakeで、フランス語ではle shiitake(男性名詞)で受け入れられている。
https://ja.wikipedia.org/wiki/シイタケ


ニュージーランド!!これもうニュージランドか!!!????
(※さすがにツイステの世界にニュージーランドがあるとは思っていないのでニュージーランド(概念)ぐらいの感覚で)

・・・・・・・・・・・🤔

と、食材の生息地を調べたところで学園の購買にいる優秀なサムさんが何でも仕入れられると思うのでここら辺から考察しても絞り込めないかなと思いました。
以上です。

(浅い考察かもしれませんので更に深い考察をされている方がいましたら、どうぞコメントで教えていただけたらありがたいです!)

SHARE

タグ
0 件のコメント